DLP「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」

The Twilight Zone Tower of Terror

2018年4月訪問

ゲストは廃屋となったホテルの業務用エレベーターに乗り込み、トワイライトゾーンへと入り込む、フリーフォール型アトラクション。

場所

リゾート:ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク

エリア:プロダクション・コートヤード

待ち時間

日本ほど混雑していなくて、長くても30分待ちぐらいでした。

実際の待ち時間

・2018年4月20日(金)17:45頃:スタンバイ5分待ち

ファストパス対応

混雑時は利用しましょう。

ストーリーや設定はフロリダ版と同じ

アメリカのテレビドラマ『トワイライトゾーン』をモチーフにしていて、廃屋となった「ハリウッド・タワー・ホテル」が舞台となります。

キューライン

ちゃんとホテルのロビーとなっていて、廃屋ということで、うまくボロボロなのを再現しています。

キャストさんの演技が素晴らしい

エレベーターに案内するキャストさんが不気味な動きと口調で素晴らしかったです。こういう演技は本当に良いと思います。

ライドも日本と動きが違う

ライドの落ちるタイミングなどは東京ディズニーシー版と異なるので面白いです。

ライドフォト

アトラクション乗車中の写真撮影ももちろんあります。


タワテラはやっぱりおもしろいですよね。内容は以前のカリフォルニアのタワテラと同じでしたが、十分に楽しめました。

おすすめ度 ★★★★★
混雑具合 👤👤
ファストパス 対応
所要時間 約3分

関連リンク

TDS「タワー・オブ・テラー」
恐怖のホテルと呼ばれるようになったホテルの見学ツアーに参加することになったゲストは身の毛もよだつ体験をするフリーフォール型アトラクション。期間限定で毎年、「タワー・オブ・テラー:Level 13"シャドウ・オブ・シリキ"」を開催。2018年4月訪問。
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!