ウォルト・ディズニー社が21世紀フォックスの事業買収を発表

ウォルト・ディズニー社が「21世紀フォックス」の映画事業などを524億ドル、負債込みの661億ドル(約7兆4400億円)で買収すると発表しました。

参照リンク

 The Walt Disney Company To Acquire Twenty-First Century Fox, Inc., After Spinoff Of Certain Businesses, For $52.4 Billion In Stock | The Walt Disney Company News

主な買収事業

・20世紀フォックス(映画事業)

・FOXネットワークス・グループ(テレビ・ネットワーク事業)

これにより「アバター」や「シンプソンズ」などがディズニーの仲間入りを果たします。

近年のディズニー社による大型買収

・「ピクサー・アニメーション・スタジオ」(2006年に74億ドルで買収)

・「マーベル・コミック」(2009年に40億ドルで買収)

・「ルーカスフィルム」(2012年に40億5000万ドルで買収)

ボブ・アイガー氏の任期延長へ

現在、ウォルト・ディズニー社CEOのボブ・アイガー氏の任期が2021年までの延長も発表されました。


凄い買収ですね!今までとは桁が違う!それを支払えるディズニー社も凄い。

この買収によってWDWのディズニーアニマルキングダムにある「パンドラ・ザ・ワールド・オブ・アバター」の展開も気になるところ。

「シンプソンズ」なども今後、ディズニーパークに登場するかもしれませんね。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告