映画「インクレディブル・ファミリー/BAO(吹替)」

今月から公開された映画『インクレディブル・ファミリー』を観てきました。

インクレディブル・ファミリー

2004年に公開されたピクサー映画『Mr.インクレディブル』の続編。

感想

約14年ぶりの続編ということで、久しぶりに前作を午前中に観てから映画館に行きました。

感想としては本当に素晴らしい作品で、面白かったです!

正直、トイ・ストーリー以外の続編は1作目を越すものはあまりありませんでしたが、インクレディブルは1作目の流れをそのままに、いや、それ以上の出来だったと個人的に思います。

1作目のラストからスタート

約14年ぶりの続編なのにまさかに1作目ラストシーンからスタートでした。今までの続編でも本当に続きからというのは無かったと思います。凄い強気だなぁと思いました。

社会情勢をマッチさせたストーリー展開

今回のメインはどちらかというとイラスティガールです。女性の社会進出が進む現代にマッチしていて、Mr.インクレディブルは家事に翻弄されるというストーリー展開。最近のディズニー作品は現代の社会情勢をうまくストーリーに組み込んでいるなぁと感心してしまいます。

子供たちも大活躍

今作はヴァイオレット、ダッシュ、ジャックジャックも大活躍します。キャラクターも多いのにうまく見せ場を作っています。ヴァイオレット、可愛かったな。

プロ野球選手が演じた役

今回はプロ野球選手が声優に挑戦していますが、どの役か全くわかりませんでした。というか、最後の出演者の名前がテロップに出るまで忘れていました。以前、コナンの映画ででサッカー選手が演じたときはドが付くほど下手だったので、心配していましたが、今作は心配いりません。

BAO

ピクサーお馴染みに短編作品。手作り中華まんに命が宿るという、不思議なストーリー。中華まんが成長していく姿が面白いです。そしてこの作品に登場する料理がおいしそうでした。


「リメンバー・ミー」に続き、本当に素晴らしい作品を制作してくれました。さすがピクサーって思います。ぜひ1作目を観てからご覧になってください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!