ピクサー・イン・コンサート2018

「ピクサー・イン・コンサート2018」の名古屋公演に行ってきたのでレポートします。

PIXAR IN CONCERT

ピクサー歴代の映画作品の映像が大スクリーンに映し出され、フル・オーケストラが演奏をする、音楽とアニメーションの祭典。世界初となる、音楽とともにピクサー・キャラクターを描く、ライブ・ドローイングを披露。

鑑賞日時

会場:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(愛知)

日時:2018年12月23日(日)17:00開演

公演時間:約2時間30分(休憩時間を含む)

座席

この公演は座席指定ができたので、予約開始と同時に購入したら、中央最前列をゲットしました。ただ、スクリーンが高いので見上げた形になるので、首が痛くなりました。

キャスト

●アルバート・ロザーノ(スペシャルゲスト)

●ユウガ・コーラー(指揮者)

●綿引さやか(司会)

●東京フィルハーモニー交響楽団(演奏)

プログラム

SPECIAL オープニング

●ライブ・ドローイング

第一部

①トイ・ストーリー

②ファインディング・ニモ

③レミーのおいしいレストラン

④モンスターズ・インク

⑤ウォーリー

⑥カーズ

⑦カールじいさんの空飛ぶ家

第二部

⑧Mr.インクレディブル

⑨インサイド・ヘッド

⑩カーズ2

⑪モンスターズ・ユニバーシティー

⑫ファインディング・ドリー

⑬リメンバー・ミー

⑭インクレディブル・ファミリー

⑮トイ・ストーリー3

アンコール

●You’ve Got a Friend in Me(トイ・ストーリー)

来場者プレゼント

・スペシャルゲストのアルバート氏が日本のために描き下ろしたウッディとバズの限定ポストカード

・ディズニーアカウントでログインとチェックインをするとオリジナルピンズをもらえます

・日本では入手不可のピクサー・アニメーション・スタジオ本社限定のオリジナルグッズとライブ・ドローイングで描いた絵を抽選でプレゼント

オリジナルピンズ

感想

オープニングはトイ・ストーリーの曲とともにライブ・ドローイングを実施。アルバート・ロザーノさんは『モンスターズ・インク』のキャラクター・アート・ディレクターを務め、『ファインディング・ニモ』や『レミーのおいしいレストラン』など数多くのピクサー作品に関わっている人です。ライブ・ドローイングは世界初だそうです。しかも日本の初演は名古屋と本当に最初です。その瞬間を見ることができて、凄くうれしいです。

ちなみに描いた絵はウッディとバズと『トイ・ストーリー4』に登場する新キャラクターであるフォーキーでした。描くだけでなく、色まで塗っていました。凄いです!!あとフォーキーがどのように生まれたのかも説明してくれました。デザイン画を何枚も書くのではなく、ピクサー社員の方が社員食堂で昼ご飯を食べながら、みんなで作ったそうです。子供が作ったおもちゃがテーマなので、そのような方式を取ったようです。面白いですね。

ライブ・ドローイングが終わるとコンサートがスタート。各作品の名シーンが映し出しながら演奏していきます。感動シーンが多いので完全に泣かせにきています。これから行かれる方はハンカチを持参しましょう。あたらめて見るとピクサーは本当に名作ぞろいです。どの曲を知っている音楽ばかりでとても楽しかったです。

今年はパリに行ってレミーのアトラクションを乗りまくったので、レミーの曲が流れたときは特にテンション上がりました!

今年公開された『リメンバー・ミー』と『インクレディブル・ファミリー』は世界初上演です。最近見たばかりなのでこちらもやっぱりテンション上がりました。

抽選会ではライブ・ドローイングで描いた絵が抽選でプレゼントされます。もちろん外れましたが・・・。欲しかったなぁ。

最高に楽しいコンサートでした。ピクサー好きの方はぜひ行ってみて下さい。今後もまたやってほしいです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!