DLR「ランプライト・ラウンジ」

Lamplight Lounge

2019年10月訪問

ピクサーの物語に生命を吹き込むアーティストたちの創造性、インスピレーション、個性を称えるスタイリッシュなラウンジ。ハンバーガーやサンドウィッチ、サラダなどを提供。「アリエルズ・グロット」をリニューアルして、2018年6月23日にリニューアルオープン。

場所

リゾート:ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク

エリア:ピクサー・ピア

予約

確実に行く場合は予約をしていきましょう。僕が行った時は予約なしの人も入れそうでしたが、断られる場合もあるので、予約がおすすめ。

【DLR】レストラン予約方法2019(公式サイト)
ディズニーランド・リゾートのレストラン予約の方法について書いています。

受付

レストラン入口のカウンターで受付します。僕は予約内容のメールを印刷して、それを見せました。その時に年齢が21歳以上か、アレルギーの有無を確認されます。それから「待ち時間があるから準備ができたら登録してある電話番号にSMSを送るね」と言われました。ただ、海外でちゃんとSMSが入るか心配だったので、カウンター付近で待つことにしました。それから25分ぐらい待って、受付をしてくれたキャストさんが「準備ができたから、下の階に行ってね」と声をかけてくれました。

カウンター

メニュー

ハンバーガーやサンドウィッチ、サラダなどを提供。アルコールとノンアルコールのメニューもあります。

メニューの表紙

実際に注文したメニュー

・Salmon PLT:23ドル(約2,530円)+tax

グリルしたサーモンとパンチェッタ、レタス、トマトが挟まったハンバーガー。サーモンが柔らかくて美味しいです。あと付け合せのポテトも外はサクサク、中はホクホクで美味しかったです。見た目の割にボリューミーで、満腹になりました。

・Tuna Poke:18ドル(約2,000円)+tax

ハワイ料理のポキです。マグロの赤身やアボカド、枝豆などが入っています。運ばれてきた時の見た目がドーム状に包まれていて、?ってなりました。これを割って、中にあるマグロやアボカドなどと混ぜて食べました。少しピリ辛ですが、美味しいです。こちらは女性でも食べきれる量です。

運ばれてきた時がこんな感じのドーム状に包まれていました

割ると中はマグロの赤身やアボカドなど

混ぜるとこんな感じになります

・Donuts:9ドル(約1,000円)+tax

ランプライト・ラウンジで大人気デザートのドーナツです。アメリカのデザートって甘いイメージがありますが、このドーナツは甘さ控えめ。揚げたてで、そのまま食べても美味しいですが、付いてくるチョコレートソースとベリーソースにディップして食べるとより美味しくなります。チョコソースも甘さ控えめなので、お腹が膨れていても食べれました。ベリーソースはさっぱり食べられます。

これは本当におすすめ

・Falling with Style:6.50ドル(約720円)+tax

レモネード、マンゴーピューレのノンアルコールカクテル。

・Goofball Island:6.5ドル(約720円)+tax

フルーツパンチ、レモネード、ラズベリーピューレのノンアルコールカクテル。

この2つのノンアルコールカクテルは可もなく不可もなくといった感じの味で、あんまり印象に残りません。わざわざ注文しなくてもいいかなって思いました。

左がFalling with Style、右がGoofball Island

ピクサーの世界を満喫できる

レストラン内はピクサー作品のコンセプトアートやスケッチ、ポスターがたくさん飾られています。かといって、キャラクターを前面に押し出しているわけではないので、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりピクサーの世界に浸れます。


のんびりピクサーの世界に浸れて大満足です。ピクサー好きはもちろん、ピクサーを知っている方なら十分楽しめると思います。ドーナツはぜひ注文してみて下さい。

利用日 2019年10月25日(金)15:15予約
おすすめ度 ★★★★★
価格帯 $$
レストラン形式 テーブルサービスレストラン
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!