WDW「ヒューストン空港での乗り継ぎ」

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港

2016年11月訪問

アメリカ・テキサス州にある国際空港。第41代アメリカ合衆国大統領のジョージ・H・W・ブッシュの名前が付けられている。ユナイテッド航空のハブ空港でもあります。

往路:ヒューストン空港の乗り継ぎの流れ(ANA→ユナイテッド)

初めて乗り継ぎで使いましたが、非常にわかりやすく迷うことはありませんでした。ANA公式サイトが参考になります。

乗り継ぎの流れ

①ANA国際線はターミナルDに到着。

②入国審査を受ける。

③下に降りて、預けた荷物を受け取る。

④税関を通過する。

⑤税関を出て右手にユナイテッド航空の乗り継ぎカウンターがあるので、そこで再び荷物を預ける。

⑥そのまま乗り継ぎカウンターを抜け、エスカレーターで上に上がる。

⑦セキュリティーチェックを受ける。

⑧電光掲示板で乗継便を確認して、搭乗ゲートに向かう。ターミナルが違う場合はターミナリンクというモノレールで移動する。

⑨乗り継ぎ便の乗る。

入国審査

以前のアメリカの入国審査は非常に時間がかかっていましたが、現在、一部の主要空港では自動入国審査端末(APC:Automated Passport Control)に入国審査が可能になり、待ち時間が短くなっています。

2008年以降、ESTAを取得して1度でもアメリカに渡航したことがあり、ビザなしの短期滞在者が対象です。中長期滞在ビザの保有者は対象外ですので注意。

自動入国審査端末(APC:Automated Passport Control)

日本語を選択できるので、心配する必要はありません。指示通りにパスポートをスキャンしたり、写真を撮ったり、個人情報・税関情報などを入力します。終了すると、レシートが出てくるので、それを持って専用の入国審査レーンに並びます。審査官にパスポートとレシートを渡すだけです。簡単な質問がある場合もあるようですが、僕の時は何も聞かれませんでした。

対象空港や説明に関しては下記のサイトをご覧ください。

Automated Passport Control (APC) | U.S. Customs and Border Protection

※税関ではレシートを回収して終わりでした。機内で配布される税関申告書は不要です。

ターミナリンク

ヒューストン空港はA~Eの5つのターミナルがあります。その移動手段として、地上を走る「ターミナリンク」と地下を走る「インター=ターミナル・トレイン」があります。僕はターミナリンクを使ったので、そちらを紹介します。

ターミナル移動の流れ

①セキュリティーを出ると電光掲示板があるので、乗り継ぎ便の搭乗ゲートを確認する。搭乗ゲートはターミナルCでした。

②ターミナルDからターミナルCへの移動が必要のため、ターミナリンクの乗り場に向かいます。「Skyway」という電車マークの看板を見ながら進みましょう。

③ターミナリンクの乗り場でモノレールを待ちます。

次にモノレールが来るまでの時間が表示されています

空港のマップもあります

④モノレールに乗って、ターミナルCに移動します。

車内

先頭からの眺め

WiFi環境

「SSID:Free Airport WIFI」

問題なく繋がりました。空港内には充電スポットもあります。

おそらくジョージ・ブッシュ大統領の像だと思います。

復路:ヒューストン空港の乗り継ぎの流れ(ユナイテッド→ANA)

ANAはターミナルDより出発します。帰りはセキュリティーチェックや荷物の受取もなく、搭乗ゲートを移動するだけなので楽チンです。

①到着したら電光掲示板をチェックします。

②乗り継ぎ便の搭乗ゲートを確認。

③搭乗ゲートに向かいます。

到着


往路は6時間の乗り継ぎ待ちということで、かなり疲れましたが、乗り継ぎに関しては特に困ったことはありませんでした。入国審査も早朝の到着に加え、自動入国審査端末を使ったので、あっという間に終わりました。お店もたくさんあるので、乗り継ぎにおすすめです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!