WDW「ディズニー・ダイニング・プラン」

Disney Dining Plan

2016年11月利用

ディズニー直営ホテルの宿泊に食事が付いたプランのこと。WDW内にある数多くのレストランやワゴンなどで利用することができます。

3種類のダイニングプラン(1泊につきプランに含まれるもの)

クイック・サービス・ダイニングプラン

・クイックサービス×2回分

・スナック×2回分

・リフィルマグ×1個

ディズニー・ダイニング・プラン

・テーブルサービス×1回分

・クイックサービス×1回分

・スナック×2回分

・リフィルマグ×1個

デラックス・ダイニング・プラン

・テーブルサービス、またはクイックサービス×3回分

・スナック×2回分

・リフィルマグ×1個

食事の内容

クイックサービス

ファーストフードやフードコートスタイルのレストランのこと。チップが要らないレストランです。

【食事内容】

・メイン料理

・ドリンク(アルコールドリンクを除く)

クイックサービス1回分の内容(2017年からデザートが付きません)

テーブルサービス

キャストさんがテーブルの案内から料理の提供までを行うフルサービスレストランのこと。チップが必要なレストランです。

【食事内容】

・メイン料理

・デザート(朝食を除く)

・ドリンク(アルコールドリンクを除く)

または

・ブッフェ

・ファミリースタイル

※一部の高級レストランやキャラクターダイニング、ショーレストラン、ルームサービスなどはテーブルサービス2回分で利用できます。

キャラクターダイニング

ファミリースタイル

メイン料理

スナック

ドリンクやアイスクリーム、お菓子など、ワゴンやクイックサービスレストランなどで利用可能です。

ガストンズ・タバーンにあるビール(実際はフローズン・アップルジュース)

ワゴン

ダイニングプランのマークがあれば利用できる

アイスクリーム

さっぱりおいしい

リフィルマグ

宿泊ホテルのドリンクバーで滞在中、ドリンク飲み放題です。

リフィルマグ

ドリンクバー

ダイニングプランの利用方法

レストランやワゴンで注文時にダイニングプランを使うことを伝えて、あとは会計時にマジックバンドを端末にタッチするだけ。とても簡単です。「ディズニー・ダイニング・プラン、プリーズ」で全然問題なく通じます。

テーブルサービスの時は、最初にダイニングプランを使うか、聞かれることが多かったです。

使い方は自由自在

1日の食事回数に制限はありません。チェックアウト日までに使い切ればOKです。

僕が行った時のことを例として挙げてみます。僕はダイニングプランを10泊分申し込みました。

【10泊分の内容】

・テーブルサービス×10回分

・クイックサービス×10回分

・スナック×10回分(2016年はスナックが1回分でした)

【使い方の例】

1日目:クイックサービス1回分のみ利用

2日目:クイックサービス2回分、スナック1回分利用

3日目:クイックサービス1回分、テーブルサービス1回分、スナック1回分利用

・・・など、1日に好きな回数を使うことができます。

※ダイニングプランはチップが含まれていません

テーブルサービスではチップを別途支払う必要があります。目安がレシートに印字されているので、参考になります。

レシートには残りのポイント数も印字される

ダイニングプランを使うと、レシートに残りのポイント数が印字されているのでわかりやすいです。

テーブルサービス(TBLSV)

残り4ポイント

クイックサービス(QUICK SE)

残り5ポイント

スナック(SNACK)

残り2ポイント

フリーダイニングプラン

1年に何度か、ダイニングプランが無料で付いてくるキャンペーンをやっています。僕も以前、このキャンペーンを利用しました。めちゃくちゃお得ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

人気レストランは予約が必要

WDW内の人気レストランは予約が必要です。せっかくダイニングプランがあっても、レストランに入れなければ無意味です。確実に予約して行きましょう。


計画的に使っていかないと、ポイントが余ってしまう場合があるので注意しましょう。正直、無料じゃなかったら、ダイニングプランは付けないかな?って思います。結構、きつかったです。体調が悪かったりすると食べられなくなるリスクもあることを考えて、申し込みましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!