DLR「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」

Millennium Falcon: Smugglers Run

2019年10月訪問

(2019年5月31日オープン)

ゲストはミレニアム・ファルコン号のコックピットに乗り込み、 パイロット、ガンナー(射手)、エンジニア(航空機関士)として、それぞれファルコン号を操縦しながら重要なミッションを遂行します。

場所

リゾート:ディズニーランド・パーク(アナハイム)

エリア:スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

待ち時間

長くても60分待ちぐらいの待ち時間でした。ファストパスには対応していないので、進みは早いです。

実際の待ち時間

・2019年10月24日(木)20:00頃:55分待ち

・2019年10月26日(土)23:15頃:25分待ち

シングルライダー対応

シングルライダーに対応しています。かなり進みは早そうでした。

キューラインではファルコン号をいろいろな角度で見れる

操縦するミレニアム・ファルコン号の下や上からいろいろな角度で見ることができます。他にもキューラインにはいろいろなものがあります。

ファルコン号の下側

ファルコン号の上側

キューラインにはいろいろなものが置かれています

プレショー

ホンドー・オナカーよりミッションの説明を受けます。ホンドー・オナカーとはクローンウォーズなどアニメーションシリーズに登場するキャラクターだそうです。観たことがないので、どんなキャラクターか詳しくはわかりません。

プレショー

ホンドー・オナカー

役割&チーム分け

ゲストは6人ずつ呼ばれ、役割の書かれたカードをもらいます(撮影し忘れました・・・)。チームごとに色分けされており、同じ色のカードを持つメンバーが同じチームです。役割はそれぞれ2人ずつです。

役割

・パイロット

・ガンナー(射手)

・エンジニア(航空機関士)

ファルコン号の中は素晴らしいクオリティ

搭乗前の待合場所は映画でルークたちが座っていたあの椅子があります。通路も”ファルコン号だ!!”とテンションが上がってしまうクオリティです。ここではあまり時間が無く、すぐ呼ばれてしまうので、急いで写真を撮っておきましょう。あと、同じチームのメンバーとはぐれがちなので、メンバーの顔を覚えておくと安心。

映画を観た人ならこの通路を通るだけでもテンション上がること間違いなし

もう最高です!!

最後にミッションの確認

いよいよ搭乗!ミッションを遂行しよう

いよいよ搭乗です。コックピットに入ったときはあまりの凄さに一瞬呆然としてしまいました。本当に凄いです!!

パイロット

先頭の2人がパイロット。ファルコン号を実際に操縦します。右側が上下、左側が左右を担当します。右側はハイパースペースへジャンプするレバーがあります。

ガンナー

中央2人がガンナー。壁についているボタンを押すと、ブラスターが発射されます。敵船に攻撃します。

エンジニア

後方2名がエンジニア。ファルコン号がぶつかったり、敵に攻撃され被弾した際、修理をする役目です。

英語が分からなくても問題なし

僕もこれをかなり心配していましたが、全く問題ありませんでした。ボタンを押したり、レバーを引いたりするときはその部分がめちゃくちゃ光ります。これを押せ、引けと言わんばかりに光るのでわかりやすいです。他のゲストと話をしたりも特に無いので、ライドに集中しましょう。

ミッションの成果が役割別に出る

ミッション終了後、役割別に得点が出ます。パイロットは機体をぶつけすぎていないか、ガンナーは無駄打ちしていないかなどが評価されます。まぁ、数回乗っただけでは、気にする余裕もありませんでした(笑)


本当に最高の一言です!映画を観てから行くとより楽しめ、感動すると思います。ぜひぜひこの感動を体験してみてください。

おすすめ度 ★★★★★
混雑具合 👤👤👤
ファストパス 非対応
所要時間 約5分
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!