WDW「エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル」

Enchanted Tales with Bell

2016年12月訪問

映画『美女と野獣』に登場したお城の図書館でベルやルミエールに会うことができ、ゲストの中から野獣役などが選ばれて、ベルと一緒に劇を演じます。ショーとグリーティングが合わさった新しいタイプのグリーティング施設。

場所

リゾート:マジックキングダム

エリア:ファンタジーランド

待ち時間

回転率が良くないので、時間帯によっては40分待ちとかありました。

実際の待ち時間

・2016年12月1日(木)11:30頃:スタンバイ20分待ち

・2016年12月7日(水)20:30頃:スタンバイ10分待ち ※ファストパスプラス利用

ファストパスプラス

ファストパスプラスの予約も意外に早く無くなるため、2回入るなら1回は予約しておいた方がいいかも。

待ち時間も退屈しない

ベルの家の中には本や絵、暖炉などいろいろ見るところがあります。退屈しません。ただ、スタンバイのみ入る部屋です。ファストパスプラスでは入りません。ベルの家から野獣の城へ移動する演出も感動しました。

ベルの家

暖炉

ベルの家の中もクリスマスのデコレーションがあります

ベルとベルのお母さん

ビーストの城へ向かいます

映画で登場したキャラクターがとてもリアル

タンス夫人とルミエールが登場しますが、とにかく顔の表情や動きがリアルです。こちらも感動しました。

タンス夫人

ルミエール

流れ

①ベルの家から野獣の城への移動

②タンス夫人がいる部屋でベルと一緒に演じる劇の配役を決定

③いよいよ図書館へ移動。ベルが登場して、劇を上演。

劇の内容

映画の流れを簡単にした内容なので、英語がわからなくても、映画の内容を知っていればわかります。劇が終わった後は写真撮影となり、演じたゲストと子供はベルとルミエールと写真を撮れます。

ビースト役は男の子でした

劇に参加するためのポイント

ベルとルミエールと写真を撮れるのは世界中のディズニーパークでここだけです。劇の配役は大半が子供のため、大人は狭き門です。それでも参加できる可能性はあります。

男性は兵士2名

男性がなれるのは兵士2名です。タンス夫人とキャストさんの指示通りの動きをします。兵士のやることはその場で行進です。マーチ(March)と言われます。

◎羞恥心を捨てて、とにかく思いっきりやってキャストさんにアピールを!!

選ばれるポイントはとにかく思いっきりやることです。恥ずかしいかもしれませんが、羞恥心は捨てましょう!キャストさんはちゃんと見ていてくれて、やる気のある方を選びます。

英語ができなくても問題なし

劇中もやることは簡単で、キャストさんが実際に何をやるか見せながら教えてくれて、やるタイミングも指示してくれるので、心配しなくてOKです。

ここでアピールを!!

写真撮影と参加賞

フォトパスカメラマンがいるため、劇中の様子も撮影してくれます。出口でデータが入ったフォトパスカードを配布しているので忘れずにもらいましょう。参加賞としてしおりももらえます。

左のドナルドがりょ~たPで、右のミッキーがもう一人の兵士役です

参加賞のフォトパスカードとしおり

滞在中、2回は入ろう!

劇に参加すると、ゆっくり見れないので滞在中、2回は行くべきだと思います。1回は劇の下見と演出を楽しんで、もう1回は劇に参加!これでばっちりです!!

兵士役


こういうタイプのアトラクションは初めてだったけど、見どころ満載で楽しかったです!実は2回目は行こうか、だいぶ迷いました。ベルとルミエールと一緒に写真撮影するのが目的で、”もし選ばれなかったら?”と思ったのと他にまだ乗っていないアトラクションもあったので、どうしようかギリギリまで迷いました。

そして結局、覚悟を決めて行くことに。思いっきり行進をやりましたが、キャストさんが逆方向に行ってしまい、ダメだったかぁと思ったら、キャストさんが戻ってきてくれて、兵士役に選んでくれました。うれしくて顔のニヤニヤが止まらないのと、恥ずかしさもあって、よくわからないテンションになりました。

念願の写真撮影もしてもらい、滞在の最後に凄く良い思い出ができました。ぜひキャストさんにアピールして劇に参加してみてはいかがでしょう?

おすすめ度 ★★★★★
混雑具合 👤👤
ファストパスプラス 対応
所要時間 約20分
スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!