映画「トイ・ストーリー4(吹替)」

今月から公開された映画『トイ・ストーリー4』を観てきました。感想を書いていますが、今回はがっつりネタバレがあるので注意してください。

Toy Story 4

2010年に公開された映画『トイ・ストーリー3』の続編。新たな持ち主ボニーが作ったおもちゃ”フォーキー”が逃げ出してしまい、物語が動き出します。

感想(ネタバレ注意)

個人的にピクサー作品の中で1番好きなのがトイ・ストーリーです。その続編ということでめちゃくちゃ期待して映画館に行きました。

観た感想としては“なんだかなぁ~”って感じです。

他の方のレビューを見ても賛否両論といった具合。まさにそんな感じです。

序盤は悪くない

序盤はウッディらしさも出てたし、今回新登場のフォーキーもどうやって仲良くなっていくのかなぁと思いながら観ていました。

ウッディやバズ以外のキャラクターが空気・・・

ジェシーやブルズアイ、レックスなど前作まで活躍していたキャラクターがほぼ空気。全くというほど見せ場がありません。トイ・ストーリーって全員力を合わせて問題を解決していくのが好きだったので本当に残念でした。1~3まではどのキャラクターもいないと成り立たないぐらい重要でしたが、今回はいなくても物語的に問題ないんじゃない?まぁ、キャラクターが多いから全員に役割を持たせるのは難しいかもしれませんが、なんだかなぁ~・

フォーキーが重要キャラじゃなかった・・・

予告からして今作の鍵を握るキャラクターだと思っていましたが、実際はそこまで重要じゃなかったと思いました。最初はあれだけ自分のことをゴミだと思っていたのに、ウッディと少し話をした程度であっさりおもちゃであることを受け入れて、仲良くなってしまった。3分ぐらいで受け入れちゃうってなんだかなぁ~。1の時のバズなんか、自分がおもちゃであることを受け入れるのにかなり葛藤があり、時間がかかったのに。ウッディが成長したとしても早すぎる感は否めなかった。そして序盤以降はそんなに重要性を感じないキャラクターだった。

ウッディの決断

ウッディの最後のシーンの決断はありといったらありかもしれませんが、個人的には微妙かなぁって思いました。アンディのときはあれだけ持ち主と一緒にいることを望んだのに、ボニーとはあっさり別れるんだなぁって。アンディとボニーが違うのはわかるし、ウッディの考え方が変わっていくのも理解できるけど、それでも違和感が残った。ボニーがもっと成長していたならそこまで違和感はなかったかもしれないけど、ボニーはまだ幼稚園。まだまだおもちゃが必要な時期だし、ウッディも最初はあれだけボニーのことを心配していたのにいいの?


はっきりいって残念と言わざるおえない内容でした。正直、3で完結で良かった。まぁ、ボー・ピープとのやり取りは良かったと思うけど、全体的になんだかなぁ~って感じです。改めて続編を制作する難しさを感じました。最近、続編で良かったのは『インクレディブル・ファミリー』ぐらい。11月に公開されるアナ雪2も心配になってしまいました。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!