【DLR】2020年にマーベルエリアが登場/バグズ・ランドはクローズへ

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに2020年にマーベルエリアがオープンすることが発表されました。

Avengers and Other Super Heroes to Assemble in New Themed Areas at Disneyland Resort, Disneyland Paris and Hong Kong Disneyland | Disney Parks Blog

発表内容

●2020年にマーベルエリアがオープン(アトラクションなどの詳細は未発表)

●場所はすでにオープン済みの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」を軸とした周辺(バグズ・ランドの跡地)

●バグズ・ランドのアトラクション「イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグ」は2018年3月19日にすでにクローズ済み。その他の施設も2018年夏の後半にクローズ予定。


バグズ・ランドが無くなることはだいぶ噂になっていましたが、実際にその通りになりました。ピクサー・ピアにバグズ・ランドにあるアトラクションと同じようなものを作ると分かった時点で、こうなるだろうなぁとは僕自身も思っていました。『バグズ・ライフ』も悪くないですが、どうしても『トイ・ストーリー』や『カーズ』と比べると弱いんですよね。ピクサーの長編アニメーションとしては2作目と初期の頃のアニメーションです。日本だとランドの「ワンマンズ・ドリームⅡ」でお馴染みです。

これでマーベルのエリアがカリフォルニア、香港、パリと3都市で登場します。これからマーベルの映画も観ていかないといけないなぁ。

ひとまず次のマーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーも登場するので観たいと思っています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告