D23「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する資料を収集・保管するために設立されたのが「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。今回の展示はミッキーマウスにまつわる特別なアートやグッズ、ウォルト・ディズニーの仕事部屋、映画作品の衣装の数々を紹介。

会場

●東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ宴会場「パラディーゾ」

待ち時間

初日と2日目は120分以上超えていた待ち時間ですが、3日目になるとだいぶ空いてきました。

実際の待ち時間

・2018年2月12日(月・祝)17:15頃:10分待ち

展示内容

じっくり全部を見て回ろうと思うと、2時間では足りませんでした。

ミッキーマウス90周年記念展示

2018年11月18日にミッキーマウスはデビュー90周年を迎えます。その記念として、ミッキーの歴代のアートや初期の頃に発売されたグッズなど、かなりレアなものが展示されていました。

世界初展示となるスクラップブック「ミッキーマウス」も展示。テレビ番組「ディズニーランド」でウォルトがミッキーを紹介するときに使用されたもの。めちゃくちゃお宝です!

アニメーターのデスクを再現

1940年に公開された映画『ファンタジア』を制作していた時のアニメーターのデスクが再現されていました。

リサーチルームを再現

映画などを制作する際、クリエイターたちがアイデアのヒントを得るために訪れるリサーチルームが再現されていました。ウォルト・ディズニー・カンパニーの様々な資料などが展示されているほか、実際に資料に触れたり読んだりできるコーナーも登場。映画『シンデレラ」や『不思議の国のアリス』などの制作資料などを見ることができました。

映画で使われた衣装や小道具を展示

このコーナーは撮影OKでした。主に実写映画で使われた衣装や小道具が展示されていました。

●アリス・イン・ワンダーランド(2010年公開)

ジョニー・デップが演じたマッドハッターの衣装

アリスのドレス

赤の女王のドレス

●美女と野獣(2017年公開)

エマ・ワトソンが演じたベルのドレス

野獣のスーツ

●パイレーツ・オブ・カリビアン(2003年公開)

ジョニー・デップが演じたキャプテン・ジャックスパロウの衣装

ジャックのコンパス

カルタヘナの聖杯

キャプテン・サラザールの衣装

フライング・ダッチマン号の模型

デッドマンズ・チェストとデイヴィ・ジョーンズの心臓

●ジャングル・ブック(2016年公開)

赤ちゃんのモーグリの衣装

バギーラ パペット

バルー パペット

カー パペット

●ホーンテッドマンション

●シンデレラ(2015年公開)

トレメイン夫人の衣装

●102(2000年公開)

映画『101匹わんちゃん』の実写映画『101』の続編作品。

クルエラのドレス

ウォルト・ディズニーのデスクを再現

映画『ウォルト・ディズニーの約束』で実際に使用されたウォルトのデスクを再現。映画『メリー・ポピンズ』の資料や、映画の小道具として作られたディズニーランドの入場券と実際の入場券の比較なども展示されていました。

ウォルトのデスク

ディズニーレジェンド受賞者たちの紹介

ここから再び撮影禁止です。

ウォルト・ディズニー・カンパニーに多大な貢献をした方に贈られる賞。主な受賞者はウォルト・ディズニーの盟友であり、ミッキーマウスの生みの親としても知られるアブ・アイワークスや近年だと様々な名曲を生み出したアラン・メンケンも受賞者の一人です。レジェンドたちの手形も展示されていました。

●日本人は5人受賞

この偉大な賞を日本人は5人も受賞しています。日本人、凄いですね!

・高橋 政知(1998年受賞)

日本に東京ディズニーランドを誘致するを実現させた人です。この人がいなければ日本にディズニーランドは無かったと言えるほど凄い人です。感謝してもしきれないですね。

・横山 松夫(1998年受賞)

ディズニーグッズのライセンス管理やビジネス展開に尽力した人です。日本でたくさんのディズニーグッズを手にできるのは、彼がいたからと言っても間違いはないと思います。

・雨宮 英雄(2005年受賞)

ホテルマネージメントで高い能力を発揮した方で、ウォルト・ディズニー・ワールドの運営、東京ディズニーランドの建設プロジェクトも担当。カリフォルニアのディズニーランドにある3つの直営ホテルを取り仕切っていました。こんな凄い方がいたとは知りませんでした。

・Hideo “Indian” Aramaki(2005年受賞)

ディズニーランドのレストラン部門で責任者を務めていて、数多くの著名人に料理をふるまい、その中には昭和天皇・皇后両陛下も含まれています。東京ディズニーランドやエプコットのレストランで、後進の育成にも尽力しました。インディアンというのはニックネームで、ウォルトもそのニックネームを気に入っていたそうです。ディズニーランドのネームタグも”Indian”と着けていました。

・加賀見 俊夫(2008年受賞)

高橋政知とともに、オリエンタルランドの創成期から東京ディズニーランド、そして東京ディズニーリゾートの誕生に尽力した人物。現在もオリエンタルランドの代表取締役会長兼CEOを務めています。この人の著書は読んで知っていました。

日本とディズニーの関係

日本とディズニーの歴史年表や日本で販売されたキャラクターグッズ、映画公開の資料、日本の有名人による自分の好きなディズニーグッズの展示などが行われていました。

昭和天皇や現天皇がアナハイムのディズニーランドに行ったときの写真なども展示されていました。現天皇はウォルトに会ったことがあるんだなぁと思いました。

全国巡回決定!

今回の展示は大阪を皮切りに全国で巡回がスタートします。

大阪

期間:2018年4月11日(水)~5月14日(月)

入場時間:10:00~19:30(20:00閉場) ※最終日は16:30まで(17:00閉場)

会場:大丸梅田店15階 大丸ミュージアム<梅田>

料金:( )は前売り料金

●一般1,500円(1,300円)

●高大生1,200円(1,000円)

●中学生から3歳まで800円(700円)

●2歳以下無料 


見どころ満載で面白かったです。。ランドホテルの展示も行く必要があったので、後半はゆっくり見ることができませんでした。まさかここまで見るものがあるとは思わなかったので。もし名古屋に来るならもう1度行きたいと思います。

「すべては1匹のねずみから始まった」

この言葉を改めて実感した展示でした。ぜひ展示に行ってみて下さい。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!