「ソアリン:ファンタスティック:フライト」2019年7月23日オープン/「ソング・オブ・ミラージュ」同日スタート

東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック:フライト」のグランドオープン日と新エンターテイメント「ソング・オブ・ミラージュ」のスタート日が2019年7月23日(火)と発表されました。

東京ディズニーシーの新規大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック:フライト」2019年7月23日(火)グランドオープン決定|オリエンタルランド・ニュースリリース
東京ディズニーシー「ハンガーステージ」 新規ショー「ソング・オブ・ミラージュ」2019年7月23日(火)よりスタート|オリエンタルランド・ニュースリリース

ソアリン:ファンタスティック:フライト

海外のディズニーパークで高い人気を誇る「ソアリン」に新たなシーンが加わった、東京ディズニーシーオリジナルアトラクション。ライドに乗って風邪や匂いを感じながら、世界の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅を楽しむことができるシュミレータータイプのアトラクション。

バックグラウンドストーリー

他の海外パークとはだいぶ異なるストーリーとなっています。

メディテレーニアンハーバーの丘に、空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアムがあります。今日この博物館では、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展が開催されています。

博物館を訪れたゲストはさまざまな展示物を見ながら館内を巡り、カメリアの功績を称える特別展のギャラリーに入ります。そこでゲストは、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験し、最後にはカメリアが仲間とともに開発した空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーに乗り込みます。「イマジネーションや夢を見る力があれば、時空を超え、どこにでも行くことができる」と信じていたカメリア。その思いが込められたドリームフライヤーとゲスト自身のイマジネーションや夢を見る力が、ゲストを壮大で爽快な空の旅へと誘います。

カメリア・ファルコはS.E.A.メンバー

ストーリーの重要人物であるカメリア・ファルコはS.E.A.メンバーのようです。S.E.A.とは探険家・冒険家学会(Society of Explorers and Adventurers)の略称のこと。タワー・オブ・テラーに登場する「ハイタワー三世」や香港ディズニーランドのミスティック・マナーに登場するヘンリー・ミスティック卿もS.E.A.メンバーです。先日オープンしたカリフォルニアのディズニーランド・パークにある「Tropical Hideaway」内にカメリア・ファルコの名前があるそうです。

ドリームフライヤー

空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーも日本オリジナル。ライド模型を「D23 Expo Japan 2018」で見ましたが、イメージアートの通りです。

ドリームフライヤーのイメージアート

海外パークのライド写真

アトラクション概要

体験時間:約5分(メインショー)

乗車定員:1シアターあたり87名

シアター数:2シアター

総投資額:約180億円

※ファストパス対応

※「ハッピー15エントリー」の利用対象アトラクション

ソング・オブ・ミラージュ

東京ディズニーシーのハンガーステージで上演される新エンターテイメント「ソング・オブ・ミラージュ」も2019年7月23日(火)よりスタートします。現在上演中の「アウト・オブ・シャドウランド」は2019年3月31日(日)をもって上演終了。

<画像出典・引用>

東京ディズニーリゾート・ブログ


トイ・ストーリーマニア同様、夏休みからオープンですね・・・。めちゃ混み必須です。上海でも2シアターで200分待ち以上いくので、日本ではどうなるのか気になるところ。ミッキーの家の660分待ちを更新して欲しいと密かに思ってます。

メインショーの内容はたぶん他とそんなに大きな違いはないと思いますが、バックグラウンドストーリーが面白いですね。S.E.A.を絡めてくるとは!ライドよりキューラインが楽しみです。ファストパスの発券所がどこに設置するのかも気になります。

落ち着いた頃を狙っていこうかなぁ。いつになるかわかりませんが。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!