「Star Wars: Galaxy’s Edge」入場にバーチャルキューシステム登場

ディズニーランド・リゾートの「Star Wars: Galaxy’s Edge」への入場予約が不要になる2019年6月24日(月)以降の入場方法が発表されました。

Know Before You Go: Planning Your Visit to Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Resort Beginning June 24 | Disney Parks Blog

Virtual Queuing System

①公式アプリ「Disneyland App」をダウンロード

②アプリ内のバーチャルキューの登録画面を開く

③当日、入園した際に使ったチケットをアプリにリンクする

④グループを作り、一緒に入場するメンバーを登録する

⑤登録すると、「Bording Group」番号を割り当てられます

⑥入場可能時間になるとアプリにプッシュ通知が届くので、2時間以内に「Star Wars: Galaxy’s Edge」に入場する必要があります

⑦入場時にアプリのバーコード画面を表示し、スキャンをして入場します

公式アプリが無い場合

日本のアプリストアでは正規の方法でアプリをダウンロードできません。その場合、指定のファストパス発券所で登録することができます。対応しているファストパス発券所はホーンテッドマンション、インディ・ジョーンズ、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテン、マッターホルン・ボブスレーの5ヶ所です。

予約が必要な施設

「Savi’s Workshop」と「Oga’s Cantina」を利用する場合、予約が必要です。こちらはバーチャルキューシステムの登録は不要で、レストラン同様、公式サイトか公式アプリからの予約です。予約は入園当日の午前7時から可能。


大混雑にならないように考えているんですね。アプリ以外でも登録できるようなので安心しました。

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
アドセンス広告
トリバゴ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
トリバゴ
error: Content is protected !!