TDS「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

Festival of Mystique

2019年10月鑑賞

港町ポルトパラディーゾでは、かつて行われていたハロウィーンの祝祭が復活し、幻惑的な音楽に合わせたダンスで幕を開けました。しかし、徐々に怪しい雰囲気に包まれていき、祝祭に参加していたミッキーが邪悪な力に捕まってしまいます。ディズニーの仲間たちは、この港ならではの妖しくも華やかなハロウィーンを取り戻すことができるのか?

場所

リゾート:東京ディズニーシー

エリア:メディテレーニアンハーバー

公演回数:1日3回

・2019年10月9日(水)10:30/14:00/16:30

鑑賞エリア

抽選エリア

公演2回目以降は一部の鑑賞エリア(ミッキー広場とリドアイル)では抽選が必要です。公演1回目は抽選なし。

混雑状況

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前で場所取りしましたが、開園してすぐに向かったので、立ち見最前列が取れました。開園が8時だったので2時間30分待ちました。

登場キャラクター

ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ、デール

舞台はポルトパラディーゾ

ストーリーは港町ポルトパラディーゾ。ここまでしっかり話を絡めるのは久しぶりです。曲も以前公演していた「ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバル」を彷彿とさせます。ポルト好きの自分としては曲を聴いているだけで満足です。

キャラクターはほぼ1か所で固定

メディテレーニアンハーバーのショーではキャラクターが忙しくいろいろなエリアに移動するのが主流でしたが、今回はほとんど同じ場所に固定です。なので、鑑賞場所によってはほとんど見ることなく終わってしまうキャラクターも出てくるので、見たいキャラクターの場所で場所取りしましょう。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前はドナルドです。ドナルド好きの自分としてはこれ以上ないぐらいな場所でした。グーフィーとチップ&デール、クラリスが終盤に少しだけ来ます。

撮影した写真

海の魔女

ドナルドが後ろから海の魔女を見上げています

ミッキーとバージ船

ショー終盤にはチップ&デール、クラリスがやってきます

後ろ姿が可愛いです

グーフィーも

チップ

デールとクラリス

ドナルドとデイジーはラブラブです

プルート

ミッキー&ミニー


ショーのストーリーは相変わらずランドっぽさはありますが、曲とかは結構好みです。ドナルドがたくさん見れて良かった。来年こそ魔王復活するのかな?

鑑賞日 2019年10月9日(水)10:30回
おすすめ度 ★★★★
混雑具合 👤👤👤
公演時間 約30分
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!