DLR「メインストリート・シネマ」

Main Street Cinema

2019年10月訪問

ウォルト・ディズニーが初期に制作した短編アニメーションが上映されているシアター。

場所

リゾート:ディズニーランド・パーク(アナハイム)

エリア:メインストリートU.S.A.

6作品が上映されている

円形上の部屋の壁に6つのスクリーンがあり、別々の短編アニメーションが上映されています。音声もなく、モノクロなので、英語力がなくても問題なく楽しめます。ベンチもあり、休憩にもぴったりです。

上映作品

●蒸気船ウィーリー(1928年)

●プレーン・クレイジー(1928年)

●ミッキーの大鹿狩り(1931年)

●タクシー・ドライバー(1931年)

●ミッキーの犬泥棒(1934年)

●ミッキーのポロゲーム(1936年)

かつて東京ディズニーランドにもあったアトラクション

自分が子供だった頃、東京ディズニーランドに行ったときはよく入っていました。親が買い物に行ったり、時間を潰すときには最適のアトラクションでした。ただ、残念なことに東京ディズニーランドでは2002年10月20日をもってクローズしました。現在は「グランドエンポーリアム」の一部になっています。


非常に懐かしさを感じることができました。日本のはもっと中が暗く、ベンチなどもありませんでしたが、アナハイムではベンチもあり、中も明るいので休憩に最適だと思いました。

かつて東京ディズニーランドで入ったことのある人はもちろん、日本で入ったことのない方も1度訪れてみてはいかがでしょうか?ディズニーアニメーションの原点ともいえる作品を観ることができます。

テーマパークの発展にはいろいろ新しくしていく必要がありますが、こういう歴史あるアトラクションも少しは残していてほしいですね。

おすすめ度 ★★★★
混雑具合 👤
スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告
error: Content is protected !!